タグ別アーカイブ: ルール

ゴルフのグランド上でのルール

誰でも早くゴルフの腕を上げたいと思うのは当然です。その為には基本的なルールを頭に入れておきましょう。
さてゴルフは一番最初にはティーグランドにティーをたてる事から始めます。そしてそこにボールを置き、そのボールを打ちます。
この時にティーグランドでは周囲にある雑草を抜いたり、土を平にしたりしてボールを打ち易くしてもOKです。しかし素振りの時にはクラブがボールにあたらない様に充分距離をおいてしましょう。

パターはグリーンで使うクラブですが、もしボールがカップに入らない場合にはボールの代わりにマーカーを置いておきます。そして自分が打つ時になったらそのマーカーの位置にボールを置き打ち始めます。

もしカップに立ててあるピンにボールが当たってしまえば2打罰をとられ、2回打ったとカウントされてしまいます。ですからグリーンでのパッティングではピンを抜いてからにしましょう。
ゴルフの入門者でもルールがよく分るとプレイも楽しくなりますよね。

ゴルフの基本的なルール

ゴルフにチャレンジしてみたいけれどルールが分らないという人も少なくないと思います。そこでゴルフの初心者に必要なルールについてお話したいと思います。

ゲームの目的はティーグランドからボールを打ち始めてグリーンにあるカップにボールを入れる事です。使用するボールは自分の物1個となります。こそしてこの最初の1打から最後のカップに入るまでを1ホールと呼んでいます。

ゲームはなるべくボールを打つ回数を抑える様に進めて行きます。全部で18ホールを行いますが、打数が少なければ少ない程良いのです。と言っても初心者であれば同然打数は多くなりがちです。

ゴルフのゲームには2つのプレイの進め方があります。
ストロークプレイというのは18ホールを全部終えてから合計の打数を比べて順位を決定する方法です。
そしてマッチプレイはホール毎に勝敗を出して、最終的に18ホールが終わった時点で何ホール勝ったかで勝敗を決めるという方法です。