タグ別アーカイブ: スイング

スイングには体の使い方が重要

ゴルフ上達の為には手だけでなくて体全体を使う様にしましょう。
ただ力に任せるのではなく、体全体を上手に使ってクラブを振る事でスマートなスイングができるのです。
そこで体全体を使うスイングについて説明します。

スイングの時にはフォームやグリップ以外にも、利き腕の方向を意識して体重移動について気をつける事が大切です。
この体重移動の際にはタイミングがポイントになります。そして力のベクトルとインパクトがしっかりとかみ合えば大きな爆発力が発生するのです。
また故意にタイミングをずらしてボールの飛距離を調節する事もできます。この様に体重移動が上手くできる様になるとゴルフのプレイで非常に役立ちます。

しかしこの体重移動はそう簡単ではありません。プロとアマではこの体重移動のコントロールが大きく違っているのです。
計測したところプロとアマではこの体重移動の時の力には2倍程の差がみられたそうです。
スイングが気になる方はゴルフのテレビ番組等を参考にして、コツがわかるまで根気よく練習しましょう。

ゴルフスイングの基礎について

ゴルフの基礎がしっかりと身に付いていないとゴルフの腕が上がらずに、スランプに陥ってしまう初心者の方も多いのが事実です。
自分にとって楽な方法を身につけてしまうと、どうしてもその方法を使ってしまい、それがクセとなってしまいまうのす。そうなると後で努力してもそのクセを矯正するのは難しくなります。
ゴルフだけではなく野球や剣道、そしてお箸の持ち方と同じく正しい持ち方を認識し、基礎をじっくりと繰り返して練習する事がとても大切なのです。
ですからゴルフでスコアを伸ばしたければ、正確なスイングを理解して練習しなくてはいけないのです。

クラブのグリップは特にゴルフの重要な基礎としてしっかりと習得するべきものです。
グリップには色々な握り方がありますが、これはその時の状況によって使い分けます。初心者はとかく同じグリップを使いがちですが、ストレートボールはスクウェアグリップを、スライスならインターロッキンググリップを使います。そして女性は力が弱いのでテンフィンガーグリップなどの自分に合うグリップで握る様にしましょう。これらはとても点と言えます。

残念ながらグリップは覚えたと思っていても繰り返して練習しなければ忘れてしまいますので、毎日目標回数を決めて練習して習得する様にしましょう。

ゴルフでスイングをする時に気を付けること

スポーツを行う上で大切なのは正しい方法でする事です。
ゴルフも例に漏れず、独学で覚えた間違った方法でプレイしていると体に負担がかかり筋肉を痛める事にもなりかねません。
ゴルフは全身を使うスポーツですが、日常での仕事でも負担がかかっている場合は、腰や肩に悪影響を及ぼす事もあります。
そうならない為にもスイングをする時に気をつけるべき点を説明します。

まずは正しいクラブの握り方や姿勢が重要になります。
左手の小指、薬指、中指でグリップをしっかりと握り、右手は添えるというスクウェアグリップが一般的な握り方です。
これだとストレートボールが打ち易くなる事から初心者の方がよくしています。

そしてスイングをしている最中には体は力みすぎない様にして、ボールに集中し続けましょう。この時頭が動くのは正しいフォームとは言えません。
といっても言葉のみの説明では把握しづらでしょうから、正しいフォームが分る様になるために、実際の動きを見て参考にする事が必要です。
ゴルフの番組ではプロゴルファーが技術を説明していたりするので、是非参考にしてみて下さい。