tahichn のすべての投稿

ゴルフでスイングをする時に気を付けること

スポーツを行う上で大切なのは正しい方法でする事です。
ゴルフも例に漏れず、独学で覚えた間違った方法でプレイしていると体に負担がかかり筋肉を痛める事にもなりかねません。
ゴルフは全身を使うスポーツですが、日常での仕事でも負担がかかっている場合は、腰や肩に悪影響を及ぼす事もあります。
そうならない為にもスイングをする時に気をつけるべき点を説明します。

まずは正しいクラブの握り方や姿勢が重要になります。
左手の小指、薬指、中指でグリップをしっかりと握り、右手は添えるというスクウェアグリップが一般的な握り方です。
これだとストレートボールが打ち易くなる事から初心者の方がよくしています。

そしてスイングをしている最中には体は力みすぎない様にして、ボールに集中し続けましょう。この時頭が動くのは正しいフォームとは言えません。
といっても言葉のみの説明では把握しづらでしょうから、正しいフォームが分る様になるために、実際の動きを見て参考にする事が必要です。
ゴルフの番組ではプロゴルファーが技術を説明していたりするので、是非参考にしてみて下さい。

バンカーにおける基本ルール

さてゴルフの初心者はコースに出た時に他のプレイヤーに迷惑をかけない様に、事前に色々なルールを頭に入れておくのがエチケットと言えます。

初心者の方でも多くの方がバンガーという言葉は知っているはずですね。バンガーでもルールという物は存在していて、バンガー内でスタンスしている際にボールが少しでも動けばペナルティとして1打をカウントされてしまいます。
またこのバンガー内では素振りは出来ません。もし素振りをしてバンガーショットを打つとペナルティとして2打がカウントされます。しかしバンガー外では大丈夫ですので、ボールがバンガーから出た時には素振りはOKです。

また初心者が失敗してしまうのがバンガーショットでの2度打ちです。これはクラブに2回ボールが触れる事です。これは2打とカウントされてしまいますので気をつけましょう。
この様にバンガーは難しいのですが、出来るだけDVDや本などでルールを学んでゴルフの腕をあげる事を目標にしましょう。

ゴルフのグランド上でのルール

誰でも早くゴルフの腕を上げたいと思うのは当然です。その為には基本的なルールを頭に入れておきましょう。
さてゴルフは一番最初にはティーグランドにティーをたてる事から始めます。そしてそこにボールを置き、そのボールを打ちます。
この時にティーグランドでは周囲にある雑草を抜いたり、土を平にしたりしてボールを打ち易くしてもOKです。しかし素振りの時にはクラブがボールにあたらない様に充分距離をおいてしましょう。

パターはグリーンで使うクラブですが、もしボールがカップに入らない場合にはボールの代わりにマーカーを置いておきます。そして自分が打つ時になったらそのマーカーの位置にボールを置き打ち始めます。

もしカップに立ててあるピンにボールが当たってしまえば2打罰をとられ、2回打ったとカウントされてしまいます。ですからグリーンでのパッティングではピンを抜いてからにしましょう。
ゴルフの入門者でもルールがよく分るとプレイも楽しくなりますよね。

ゴルフの基本的なルール

ゴルフにチャレンジしてみたいけれどルールが分らないという人も少なくないと思います。そこでゴルフの初心者に必要なルールについてお話したいと思います。

ゲームの目的はティーグランドからボールを打ち始めてグリーンにあるカップにボールを入れる事です。使用するボールは自分の物1個となります。こそしてこの最初の1打から最後のカップに入るまでを1ホールと呼んでいます。

ゲームはなるべくボールを打つ回数を抑える様に進めて行きます。全部で18ホールを行いますが、打数が少なければ少ない程良いのです。と言っても初心者であれば同然打数は多くなりがちです。

ゴルフのゲームには2つのプレイの進め方があります。
ストロークプレイというのは18ホールを全部終えてから合計の打数を比べて順位を決定する方法です。
そしてマッチプレイはホール毎に勝敗を出して、最終的に18ホールが終わった時点で何ホール勝ったかで勝敗を決めるという方法です。