避けられないスライス軌道を何とか解決したい

一部の人が受けるスライスの洗礼から逃れ切れるかどうかは難しいところです。私がすぐにゴルフを始めることの跡を追った場合、思い通りにイメージをたたくことができる人は、非常に珍しいです。部分の大多数の人々が名付ける最初であるからです。すぐにそこから除去されることができる人にもよると思いますが。。。

それを私は、着実に、長年、常にと思ってきました。何年も変わることなく、スライスしている人もいます。しかし私は悪習のコートでその癖を改善させることができるので、とても優秀なコーチとして何年も教えてきました。

そしてあとは仕上げます。地球にいくらゴルファーが多いと言えども、優秀性に関して何の一つですか?自分が上達しなければ意味がないということです。

私は速くそこからスライスが効果的に除去される方法を調査します。そして今ではいくつかの方法を見つけています。そして、正確にゴルフ・カレンダーを把握しています。今度は一部の人が受けている洗礼から、2年半も逃れることができないスーパー典型的ゴルファーについても携わってきました。そういう人でのナイフのような変動をおみせして、分析します。(講義ではこういう方です、ニシノガンマ、ゴルフに行く日程に2年半かけている人、いつも出席している学生もビックリですね。あなたはこの106スコアに勝ってください)

一つ言えるのは、スライスを恐れすぎないということです。スライスを恐れるあまりに、反対にスライスになりやすくなるということは良くあることですから。

気に留めたことは実現していしまうのがゴルフでもあります。気に留めなければいいと言っても、気に留めてしまうのもまたゴルフです。その中で、どれだけスコアを挙げることができるかどうかは、やっぱりコーチによるのです。