スイング時のアドレスの改善について

アドレスを改善するには様々なことを点検しなければならないのでしょうか。その答えとしては、Yesとも言えますし、Noとも言えます。

何に注意をすればいいのかということですが、また1つの点で説明してみます、肩の線が気にする位置であって、それを地面と平行にするために出てくるポイントというのはそれはとても重要です。

右手が重要なのか左手なのかは人によりますが、私が両方必要だという意見も持っています。それとも、別の意見もありますが、つかむ体が重要であり、私が気にしている点としては、増やした練習量が逆効果になって、意識を押しのけるものから意識に残るものまで、成功する時はそのこだわりの状況から意識が離れていることが多いのです。つまり、肩にはすべての利用できる知識がありながら、意識は残らないという状態でスイングという手段で必要があります。この辺りのブレークスルーは、人により打ち明ける傾向があります。

大事なことですが、肩は開きません、そして、コーチや知人に対して、観察をお願いします、観察してもらうときに、それは地面の位置と平行であるように注意します。

それは、その後、左の肩の前に注意を要し、圧力の終わりをすることを意味します。

私は軽く右ひじを曲げて、肩が打ち明けるのを防ぐために、様々な練習をすることでコツをつかみます。そして、私が左の肩の前で順番に圧力の終わりを確立するならば、それは自分のスイングの実現です。