オーバーラッピングというゴルフでの握り方

ゴルフクラブの握り方としてオーバーラッピングという握り方があり、ゴルフ初心者さんはゴルフを上達させるために覚えておいたほうが良い握り方なので、間違えないように覚えておきましょう。

オーバーラッピングの握り方は、左手ではグリップエンドを2センチくらい余らせて握り、人差し指の第2関節から小指の付け根にかけてグリップをあてます。
そしてグリップが緩まないように小指・薬指・中指でしっかり握っておき、人差し指をカギ状に曲げて親指の腹がグリップの中心より少し右側にあたるようにおきましょう。

また右手は手の平を横から添えて、小指を左手の人差し指と中指の間にのせ、右手の薬指と中指をグリップに絡めて、右手の手の平で左手の親指を包むように握ります。
このようなオーバーラッピングの握り方をすると、右手の小指を離して握っているため、右利きの場合は右手の力が抑えられますし方向性も得られますので、1度試してみると良いでしょう。