インターロッキングというゴルフでの握り方

ゴルフクラブの握り方のひとつにインターロッキングという握り方があり、数多くいるプロゴルファーの多くが使っている握り方で、ゴルフクラブをしっかり握る事ができますし、しっかり手首を固定する事もできます。

インターロッキングは右利きの場合は右手が下になり左手が上にくるのですが、左手の人差し指と右手の小指を組み合わせるように握り、両手の握力が弱い人にも良い握り方とされています。
またインターロッキングは両手の一体感が得られるのと同時に、両手で握っているという感覚も得られますし、右手の力が入れやすいので女性に向いている握り方といえます。

しかしインターロッキングをするときに気を付けることがあり、インターロッキングは指を絡ませる握り方になりますので、指を痛めてしまうことに注意しておかなければいけません。
ゴルフの経験が少ない初心者さんは、握り方のひとつとしてインターロッキングを覚えておき、まずは自分に合っているか確認してください。