ゴルフスイングの基礎について

ゴルフの基礎がしっかりと身に付いていないとゴルフの腕が上がらずに、スランプに陥ってしまう初心者の方も多いのが事実です。
自分にとって楽な方法を身につけてしまうと、どうしてもその方法を使ってしまい、それがクセとなってしまいまうのす。そうなると後で努力してもそのクセを矯正するのは難しくなります。
ゴルフだけではなく野球や剣道、そしてお箸の持ち方と同じく正しい持ち方を認識し、基礎をじっくりと繰り返して練習する事がとても大切なのです。
ですからゴルフでスコアを伸ばしたければ、正確なスイングを理解して練習しなくてはいけないのです。

クラブのグリップは特にゴルフの重要な基礎としてしっかりと習得するべきものです。
グリップには色々な握り方がありますが、これはその時の状況によって使い分けます。初心者はとかく同じグリップを使いがちですが、ストレートボールはスクウェアグリップを、スライスならインターロッキンググリップを使います。そして女性は力が弱いのでテンフィンガーグリップなどの自分に合うグリップで握る様にしましょう。これらはとても点と言えます。

残念ながらグリップは覚えたと思っていても繰り返して練習しなければ忘れてしまいますので、毎日目標回数を決めて練習して習得する様にしましょう。