ゴルフでスイングをする時に気を付けること

スポーツを行う上で大切なのは正しい方法でする事です。
ゴルフも例に漏れず、独学で覚えた間違った方法でプレイしていると体に負担がかかり筋肉を痛める事にもなりかねません。
ゴルフは全身を使うスポーツですが、日常での仕事でも負担がかかっている場合は、腰や肩に悪影響を及ぼす事もあります。
そうならない為にもスイングをする時に気をつけるべき点を説明します。

まずは正しいクラブの握り方や姿勢が重要になります。
左手の小指、薬指、中指でグリップをしっかりと握り、右手は添えるというスクウェアグリップが一般的な握り方です。
これだとストレートボールが打ち易くなる事から初心者の方がよくしています。

そしてスイングをしている最中には体は力みすぎない様にして、ボールに集中し続けましょう。この時頭が動くのは正しいフォームとは言えません。
といっても言葉のみの説明では把握しづらでしょうから、正しいフォームが分る様になるために、実際の動きを見て参考にする事が必要です。
ゴルフの番組ではプロゴルファーが技術を説明していたりするので、是非参考にしてみて下さい。