カテゴリー別アーカイブ: プレー時

スイング時のアドレスの改善について

アドレスを改善するには様々なことを点検しなければならないのでしょうか。その答えとしては、Yesとも言えますし、Noとも言えます。

何に注意をすればいいのかということですが、また1つの点で説明してみます、肩の線が気にする位置であって、それを地面と平行にするために出てくるポイントというのはそれはとても重要です。

右手が重要なのか左手なのかは人によりますが、私が両方必要だという意見も持っています。それとも、別の意見もありますが、つかむ体が重要であり、私が気にしている点としては、増やした練習量が逆効果になって、意識を押しのけるものから意識に残るものまで、成功する時はそのこだわりの状況から意識が離れていることが多いのです。つまり、肩にはすべての利用できる知識がありながら、意識は残らないという状態でスイングという手段で必要があります。この辺りのブレークスルーは、人により打ち明ける傾向があります。

大事なことですが、肩は開きません、そして、コーチや知人に対して、観察をお願いします、観察してもらうときに、それは地面の位置と平行であるように注意します。

それは、その後、左の肩の前に注意を要し、圧力の終わりをすることを意味します。

私は軽く右ひじを曲げて、肩が打ち明けるのを防ぐために、様々な練習をすることでコツをつかみます。そして、私が左の肩の前で順番に圧力の終わりを確立するならば、それは自分のスイングの実現です。

ゴルフスコアを安定させるために

ゴルフのスコアの変動の大半を解くことは、アドレスの改善によって解決可能です。作る方法をこれから説明したいいと思います。それにはまず体軸を徐々にに回します、これは準備のためとも言えます。重心位置はこれも重要です、アドレスで重要なところは多数あるのです。

特に、状況がどのようになっているのかを把握して製造と重心に注目することは必要です。身体に中心を回転させたことを認識したら、それによって問題を取り除くことができると思います。もしできませんでしたらば、それは問題点を指定されることが大切になります。

身体の変動が悪い状況として固定化されてしまっていると、悪い結果をもたらされるとき、そうした内容を解決しようと勉強することも1つの点です。それ以後を徐々に回復させることが必要となり、ある意味では深刻になるので、注意しましょう。どのようにアドレスを改善していくかは、あまりに難しい問題ではありますが、遅いよりも早めの解決をお勧めします。

ゴルフでアドレスを解決するための具体的な方法を述べていきます。最初は、主に球の上で進めていきます。位置は肩の幅が目安となります。その後、次のステップに進みます、そして、我々は良く勘違いしやすいのですが、ピンとひざを伸ばします。でも伸ばしすぎもよくありません。そして、直接地面に立っているようにしましょう。
その姿が船首にいる船員にようにないように、よく胸に止めておき、しっかりとプレッシャーに耐えてください。

ゴルフクラブの握り方

ゴルフをするときにはクラブを使用しますが、このクラブを握るときの握り方をしっかり把握しておかなければ、ボールを上手く打てませんし、スコアが悪くなる原因にもなりますので、正しい握り方を知りましょう。

ゴルフ初心者さんにグリップの握り方としてまず覚えてほしいのが左手の握り方で、人差し指の第2関節から手の平の中央にかけて、斜めになるように握り、親指と人差し指の間は締めるようにします。
手の甲の向きが下を向きすぎてしまうと、右手が被り過ぎてしまい左肩が開いてしまうので気を付けてください。

右手の握り方は人差し指・中指・薬指をゴルフクラブに引っかけ、鉄砲の引き金を引くように握り、左手の親指を覆うように手の平を被せたら、左手のときと同じように親指と人差し指の間を締めます。
このとき親指はグリップの中央より左側になりますが、握る力を握力の20パーセントくらいのするのが良く、スムーズにスイングすることができるからです。

ゴルフで使用するパターの選び方

ゴルフで使用するクラブにパターがあるのですが、パターはゴルフクラブの中でもヘッド部分の形の種類が1番多くあり、オーソドックスなスクエア形のピンタイプや楕円形になっているマレットタイプがあります。

この2種類はゴルフを始める初心者に良いとされており、マレットタイプはボールの直進性が良いとされているため、ゴルフを始めようとしている人や始めたばかりの人も選ぶと良いでしょう。
またパターの選び方にはパッティングスタイルに合わせた選び方もあり、主にストローク式とタップ式というスタイルに分けた選び方で、ストローク式はマレットタイプやオールラウンドのピン型があっています。

タップ式のパッティングスタイルの人は、T型のキャッシュインパターやピン型パターも良く、グリーンの芝の種類に合わせたパターの選び方でも良いでしょう。
それと長さで選ぶこともあり、中尺パターや長尺パターから選ぶことができ、好みに合わせた選び方もありです。

ゴルフで使用するアイアンの選び方

ゴルフコースをまわるときにアイアンというゴルフクラブが必要となりますが、このアイアンは鉄製のヘッドを装着しているゴルフクラブで、100ヤードから200ヤードくらいの中距離を打つときに使用します。

そしてアイアンの選び方は、初心者さんはミスショットが多くなってしまうため、ダフらないアイアンやスライスしにくいアイアンを選ぶと良いですし、飛距離が少しでもでるアイアンを選ぶと良いでしょう。
またミートするのが苦手という場合は、スイートスポットの広いアイアンを選ぶと、ミートが上手くいきますので、ミスショットが減りますし、スイングも上手くなりますので、ゴルフ初心者さんに良いクラブになります。

それとアドレスしたときに違和感を感じるアイアンはあまり良くありませんし、重めのアイアンを選ぶことでスイングしているときにクラブの位置を感じとれるようになります。
だから初心者さんは軽すぎるアイアンを選ばないほうが良いのです。

スイングには体の使い方が重要

ゴルフ上達の為には手だけでなくて体全体を使う様にしましょう。
ただ力に任せるのではなく、体全体を上手に使ってクラブを振る事でスマートなスイングができるのです。
そこで体全体を使うスイングについて説明します。

スイングの時にはフォームやグリップ以外にも、利き腕の方向を意識して体重移動について気をつける事が大切です。
この体重移動の際にはタイミングがポイントになります。そして力のベクトルとインパクトがしっかりとかみ合えば大きな爆発力が発生するのです。
また故意にタイミングをずらしてボールの飛距離を調節する事もできます。この様に体重移動が上手くできる様になるとゴルフのプレイで非常に役立ちます。

しかしこの体重移動はそう簡単ではありません。プロとアマではこの体重移動のコントロールが大きく違っているのです。
計測したところプロとアマではこの体重移動の時の力には2倍程の差がみられたそうです。
スイングが気になる方はゴルフのテレビ番組等を参考にして、コツがわかるまで根気よく練習しましょう。

ゴルフスイングの基礎について

ゴルフの基礎がしっかりと身に付いていないとゴルフの腕が上がらずに、スランプに陥ってしまう初心者の方も多いのが事実です。
自分にとって楽な方法を身につけてしまうと、どうしてもその方法を使ってしまい、それがクセとなってしまいまうのす。そうなると後で努力してもそのクセを矯正するのは難しくなります。
ゴルフだけではなく野球や剣道、そしてお箸の持ち方と同じく正しい持ち方を認識し、基礎をじっくりと繰り返して練習する事がとても大切なのです。
ですからゴルフでスコアを伸ばしたければ、正確なスイングを理解して練習しなくてはいけないのです。

クラブのグリップは特にゴルフの重要な基礎としてしっかりと習得するべきものです。
グリップには色々な握り方がありますが、これはその時の状況によって使い分けます。初心者はとかく同じグリップを使いがちですが、ストレートボールはスクウェアグリップを、スライスならインターロッキンググリップを使います。そして女性は力が弱いのでテンフィンガーグリップなどの自分に合うグリップで握る様にしましょう。これらはとても点と言えます。

残念ながらグリップは覚えたと思っていても繰り返して練習しなければ忘れてしまいますので、毎日目標回数を決めて練習して習得する様にしましょう。

ゴルフでスイングをする時に気を付けること

スポーツを行う上で大切なのは正しい方法でする事です。
ゴルフも例に漏れず、独学で覚えた間違った方法でプレイしていると体に負担がかかり筋肉を痛める事にもなりかねません。
ゴルフは全身を使うスポーツですが、日常での仕事でも負担がかかっている場合は、腰や肩に悪影響を及ぼす事もあります。
そうならない為にもスイングをする時に気をつけるべき点を説明します。

まずは正しいクラブの握り方や姿勢が重要になります。
左手の小指、薬指、中指でグリップをしっかりと握り、右手は添えるというスクウェアグリップが一般的な握り方です。
これだとストレートボールが打ち易くなる事から初心者の方がよくしています。

そしてスイングをしている最中には体は力みすぎない様にして、ボールに集中し続けましょう。この時頭が動くのは正しいフォームとは言えません。
といっても言葉のみの説明では把握しづらでしょうから、正しいフォームが分る様になるために、実際の動きを見て参考にする事が必要です。
ゴルフの番組ではプロゴルファーが技術を説明していたりするので、是非参考にしてみて下さい。