カテゴリー別アーカイブ: 基本事項

避けられないスライス軌道を何とか解決したい

一部の人が受けるスライスの洗礼から逃れ切れるかどうかは難しいところです。私がすぐにゴルフを始めることの跡を追った場合、思い通りにイメージをたたくことができる人は、非常に珍しいです。部分の大多数の人々が名付ける最初であるからです。すぐにそこから除去されることができる人にもよると思いますが。。。

それを私は、着実に、長年、常にと思ってきました。何年も変わることなく、スライスしている人もいます。しかし私は悪習のコートでその癖を改善させることができるので、とても優秀なコーチとして何年も教えてきました。

そしてあとは仕上げます。地球にいくらゴルファーが多いと言えども、優秀性に関して何の一つですか?自分が上達しなければ意味がないということです。

私は速くそこからスライスが効果的に除去される方法を調査します。そして今ではいくつかの方法を見つけています。そして、正確にゴルフ・カレンダーを把握しています。今度は一部の人が受けている洗礼から、2年半も逃れることができないスーパー典型的ゴルファーについても携わってきました。そういう人でのナイフのような変動をおみせして、分析します。(講義ではこういう方です、ニシノガンマ、ゴルフに行く日程に2年半かけている人、いつも出席している学生もビックリですね。あなたはこの106スコアに勝ってください)

一つ言えるのは、スライスを恐れすぎないということです。スライスを恐れるあまりに、反対にスライスになりやすくなるということは良くあることですから。

気に留めたことは実現していしまうのがゴルフでもあります。気に留めなければいいと言っても、気に留めてしまうのもまたゴルフです。その中で、どれだけスコアを挙げることができるかどうかは、やっぱりコーチによるのです。

オーバーラッピングというゴルフでの握り方

ゴルフクラブの握り方としてオーバーラッピングという握り方があり、ゴルフ初心者さんはゴルフを上達させるために覚えておいたほうが良い握り方なので、間違えないように覚えておきましょう。

オーバーラッピングの握り方は、左手ではグリップエンドを2センチくらい余らせて握り、人差し指の第2関節から小指の付け根にかけてグリップをあてます。
そしてグリップが緩まないように小指・薬指・中指でしっかり握っておき、人差し指をカギ状に曲げて親指の腹がグリップの中心より少し右側にあたるようにおきましょう。

また右手は手の平を横から添えて、小指を左手の人差し指と中指の間にのせ、右手の薬指と中指をグリップに絡めて、右手の手の平で左手の親指を包むように握ります。
このようなオーバーラッピングの握り方をすると、右手の小指を離して握っているため、右利きの場合は右手の力が抑えられますし方向性も得られますので、1度試してみると良いでしょう。

インターロッキングというゴルフでの握り方

ゴルフクラブの握り方のひとつにインターロッキングという握り方があり、数多くいるプロゴルファーの多くが使っている握り方で、ゴルフクラブをしっかり握る事ができますし、しっかり手首を固定する事もできます。

インターロッキングは右利きの場合は右手が下になり左手が上にくるのですが、左手の人差し指と右手の小指を組み合わせるように握り、両手の握力が弱い人にも良い握り方とされています。
またインターロッキングは両手の一体感が得られるのと同時に、両手で握っているという感覚も得られますし、右手の力が入れやすいので女性に向いている握り方といえます。

しかしインターロッキングをするときに気を付けることがあり、インターロッキングは指を絡ませる握り方になりますので、指を痛めてしまうことに注意しておかなければいけません。
ゴルフの経験が少ない初心者さんは、握り方のひとつとしてインターロッキングを覚えておき、まずは自分に合っているか確認してください。

バンカーにおける基本ルール

さてゴルフの初心者はコースに出た時に他のプレイヤーに迷惑をかけない様に、事前に色々なルールを頭に入れておくのがエチケットと言えます。

初心者の方でも多くの方がバンガーという言葉は知っているはずですね。バンガーでもルールという物は存在していて、バンガー内でスタンスしている際にボールが少しでも動けばペナルティとして1打をカウントされてしまいます。
またこのバンガー内では素振りは出来ません。もし素振りをしてバンガーショットを打つとペナルティとして2打がカウントされます。しかしバンガー外では大丈夫ですので、ボールがバンガーから出た時には素振りはOKです。

また初心者が失敗してしまうのがバンガーショットでの2度打ちです。これはクラブに2回ボールが触れる事です。これは2打とカウントされてしまいますので気をつけましょう。
この様にバンガーは難しいのですが、出来るだけDVDや本などでルールを学んでゴルフの腕をあげる事を目標にしましょう。

ゴルフのグランド上でのルール

誰でも早くゴルフの腕を上げたいと思うのは当然です。その為には基本的なルールを頭に入れておきましょう。
さてゴルフは一番最初にはティーグランドにティーをたてる事から始めます。そしてそこにボールを置き、そのボールを打ちます。
この時にティーグランドでは周囲にある雑草を抜いたり、土を平にしたりしてボールを打ち易くしてもOKです。しかし素振りの時にはクラブがボールにあたらない様に充分距離をおいてしましょう。

パターはグリーンで使うクラブですが、もしボールがカップに入らない場合にはボールの代わりにマーカーを置いておきます。そして自分が打つ時になったらそのマーカーの位置にボールを置き打ち始めます。

もしカップに立ててあるピンにボールが当たってしまえば2打罰をとられ、2回打ったとカウントされてしまいます。ですからグリーンでのパッティングではピンを抜いてからにしましょう。
ゴルフの入門者でもルールがよく分るとプレイも楽しくなりますよね。

ゴルフの基本的なルール

ゴルフにチャレンジしてみたいけれどルールが分らないという人も少なくないと思います。そこでゴルフの初心者に必要なルールについてお話したいと思います。

ゲームの目的はティーグランドからボールを打ち始めてグリーンにあるカップにボールを入れる事です。使用するボールは自分の物1個となります。こそしてこの最初の1打から最後のカップに入るまでを1ホールと呼んでいます。

ゲームはなるべくボールを打つ回数を抑える様に進めて行きます。全部で18ホールを行いますが、打数が少なければ少ない程良いのです。と言っても初心者であれば同然打数は多くなりがちです。

ゴルフのゲームには2つのプレイの進め方があります。
ストロークプレイというのは18ホールを全部終えてから合計の打数を比べて順位を決定する方法です。
そしてマッチプレイはホール毎に勝敗を出して、最終的に18ホールが終わった時点で何ホール勝ったかで勝敗を決めるという方法です。