ゴルフコースにあるバンカーについて

ゴルフコースにある障害物のひとつにバンカーがあり、多くのゴルファーを悩ませていますし、ゴルフを始めたばかりの初心者さんは、バンカーに入れてしまうことが多くあります。

ゴルフが上手な人から言わせると、ゴルフはバンカーがあるから面白いなどと言ったりしてますが、初心者からするとバンカーにボールが入ってしまうとそこから出すのだけで精いっぱいで何打打つことになるんだろう?って思ったりすることもありますね。

バンカーとはフェアウェイに沿って作られているバンカーと、グリーンの周りにあるサイドバンカーがあり、フェアウェイに沿ってあるバンカーはティーショットが落ちる周辺に多くあります。
またアゴがそれほど高くなくても、アゴに近すぎることでショットが打ちにくくなり、グリーンを狙うことができなくなることもあるため、とりあえずフェアウェイに出すだけのショットをすることもあるのです。

サイドバンカーはアゴが高くて、グリーンまでの高低差が激しいこともありますし、グリーンを狙って打ったボールが直接バンカーに入ってしまうと、ボールが砂に深く潜る目玉という状況になる事もあります。
ゴルフの初心者さんはバンカーによって崩れることがありますので、なるべく入れないようにしましょう。

バンカーで注意しなければならないのがバンカー内での素振りですね。
バンカーでボールに当たってしまうとそれは罰則になってしまうわけですが、それ以外にもバンカーの砂の感触をつかむために行うアクションが禁じられていたりしますからルールには注意しなければなりません。

ゴルフを始めて早くスコア100を切りたいと思うかもしれません。それは確かに理解できるところですけれども、基礎を抑えていた方が結果的に早くスコアがアップするということは少なくありません。こちらのサイトなども参考にしてみるとよいと思います。
参考サイト⇒ゴルフ100切り実現Express ~練習からスコアUPの期間短縮!~

コメントを残す